ホーム > 干支 > 戌段(いぬだん)ドーベルマン > 戌段(いぬだん)ドーベルマン ウッド

戌段(いぬだん)ドーベルマン ウッド

Doberman130_wood

毎年その年の干支の動物をモチーフとして製作されるd-torso干支シリーズ。d-torso「戌段(いぬだん)」はチワワ、ダックスフンド、しば犬に加え、新たにドーベルマンを製作しました。それぞれの犬種の特徴線を抽出し、今にも動き出しそうなイヌのたたずまいを丁寧に表現しています。
d-torso ドーベルマン Woodは、大分県産日田杉を材料にした商品です。他にダンボール製5種の商品バリエーションもあります。はさみやカッター、接着剤を使わずに組み立てる事ができます。d-torsoの精緻な造形による干支シリーズをどうぞお楽しみください。

もっと見る

¥1,800円(税別)

数量

バリエーション選択

ミニチュア

段ボール
日田杉

 

 

FLATS / Doberman

 

d-torsoは立体イメージをx軸、y軸、z軸の3軸方向に切断、解体して抽出した平面形の集合で構成されています。ひとつひとつの平面形はどれを欠いても全体が損なわれるという意味において同じ価値=valueを持っています(等価)。そしてそれぞれが固有のカタチ(意味)を持ちながら、d-torso独自の文法によって全体のなかに位置づけられます。d-torsoの文法は形態を物理的に保つための構造的要素とモチーフ(ドーベルマン)の特徴線によって条件づけられています。d-torsoの造形手法にとって最も重要なのはこの解体の手続と等価という概念であり、私たちが"FLATS"と呼ぶニュートラルな空間はここから生み出されます。

 

ドーベルマンは全78個の部品から構成されています。スマートな骨格と長い脚、そして水平な背中のラインが特徴です。胴体はダックス、芝犬と違い一体化されていますが、お腹の部分は中空になっています。これはd-torsoの構造のなかでときどき現れるパターンです。お腹の部分を中空に保つために胴の連続部品の穴を背骨部分をくぐらせて差し込みます。組み立てとしては少し難易度が上がります。ダンボール製モデル5種と日田杉製ミニチュアモデル、全6種のラインナップです。ドーベルマンもライフサイズモデルを製作の予定です。

¥1,800(+税)

数量